時代に愛され、時代を愛したファッションブランド

ウィメンズ

黒いTシャツを来ている女性

彼がビームスでキメて、彼女もビームスでキメて、完璧にオシャレなカップルが出来上がる。
これこそ、ビームスというセレクトショップの至高目的にピッタリ合った消費者の姿と言えるかもしれません。
アメリカの男の子たちのように、ニッポンの男の子たちもカッコ良くありたい。しかし、それだけじゃないのです。ニッポンの女の子たちも、カッコ可愛いライフスタイルを確立したい。
そこに寄り添っているのが、ビームスというセレクトショップであると言えるでしょう。

オシャレに関しては隙を見せたくない女子たちのために、フォーマルっぽい装いはもちろん、例えばとことんカジュアルなスウェットも、ビームスならひと味ちがうものを揃えることが出来ますよ、というスタンスを持っています。

今も昔も、女子たちがお洋服を着て一瞬、胸によぎらせるのは、「私のコーデ、合ってる?」ということ。
「自分のライフスタイル」を貫くことはもちろん大事。
「でも、やっぱりトレンドにはしっかり乗っかっときたい!」そんな声もあるでしょう。

そこで嬉しいビームスの取り組みが、このショップから世に出るアイテムの「合ってるコーデ」、「間違っていないコーデ」を教えてくれること。
ビームスのショップで実際に働いているオシャレさんたちの、ショップの商品を使ったコーディネートを紹介してくれています。
もちろん、「全部マネ」というのは女子の誇りみたいなものが許さないでしょうが、少なくとも、そのコーディネート紹介ではファッションの方向性は指し示してもらえます。
参考に出来るのです。